適切な運動はバストアップに必須?胸のトレーニングで美乳を手にいれる

バストを大きくしたい、産後に垂れてしまったバストをどうにかしたいなど、女性のバストに対する様々な悩みを解決する方法の一つが、筋トレやエクササイズで大胸筋を鍛えることです。筋肉を鍛えたら、女性らしい丸い胸を通り越してガチガチのムキムキになってしまうのでは?と心配に思う人もいるかもしれません。そんな不安を解消するためにも、大胸筋を鍛えることによってバストアップ効果が期待できるメカニズムをご説明していきます。

なぜ大胸筋を鍛えるとバストアップするのか

大胸筋を鍛えるとバストアップする理由の前に、まず胸の構造をご説明します。バストは内側から順に「骨」「筋肉」「脂肪」「皮膚」によって構成されています。そして、乳房のふくらみは、そのほとんどが脂肪で出来ています。大胸筋を鍛えても脂肪が増えるわけではないので直接的にバストのふくらみを増やすことは出来ませんが、大胸筋には乳房を支えるという重要な役割があります。逆にいうと、大胸筋が発達していないと乳房を支えられず、ハリのない悲しい垂れ胸になってしまうのです。大胸筋を鍛えて乳房がしっかり支えられていると、バストに厚みが生まれ、ぴんとハリのある上向きの美しいバストラインを保つことが出来、また乳房の形がよくなることによって、結果的にカップのサイズが上がる可能性もあります。しかし、大胸筋は日常生活ではあまり使うことがなく、普通に生活しているだけでは鍛えられない筋肉です。そのため、意識的にトレーニングすることが必要なのです。

超手軽な大胸筋トレーニング法

大胸筋を鍛えるにはいくつかの方法がありますが、道具を使わない超簡単な方法としては、腕立て伏せが挙げられます。大胸筋は大きな筋肉のため、トレーニング方法によって鍛える部位が違ってきます。女性のバストアップを目的としたトレーニングを行う場合は、大胸筋の上側と内側を意識して鍛える必要があります。また、腕立て伏せのやり方次第ではバストではなく二の腕の筋肉が鍛えられてしまうこともあるので注意しましょう。バストアップに効果のある腕立て伏せの方法は、腕を肩幅よりも大きく広げ、出来るだけ膝を手から遠くに置くことです。普段運動をしておらず一定の筋力がついていない人だろ、この体勢ではどうしても出来ないことがあります。そうした場合は膝を床につけたり、立ったまま壁に手をついて行う「壁立て伏せ」から始めて少しずつステップアップしてもよいでしょう。

ダンベルを使ったトレーニングが効果抜群

大胸筋を効果的に鍛えるには、ダンベルを使ったトレーニングがおすすめです。中でもベンチに仰向けになってダンベルを持ち上げたり下ろしたりする「ベンチプレス」は非常に有効です。男性が行うトレーニングのイメージが強いですが、女性のバストアップにももちろん効果があります。また、持ち上げたダンベルを肘を曲げて横に広げながら下ろしていくダンベルフライは、ベンチプレスよりも可動域を広くとれるため、ベンチプレスだけでは足りないストレッチを補うことも出来てより効果的です。ベンチプレスは通常自宅で行うことは難しく、ジムなどに通う必要があります。しかし、代替方法として、バランスボールの上に上半身を乗せて仰向けに寝そべった状態でダンベルを上げ下ろしすれば、ベンチプレスやダンベルフライと同様の効果が得られます。ダンベルは100円均一ショップでも売っており、簡単に手に入れることが出来ますし、それすら面倒であればペットボトルに水を入れて代用することも可能です。ただし、ペットボトルは破損の危険性があるので使用する時は十分に注意しましょう。ダンベルの重さは、最初は無理をしすぎず片方1キロくらいのものを使っても十分に効果はありますよ。

まとめ

ハリのある美しいバストを作るには、筋トレで大胸筋を鍛えると効果的です。しかし、同じ筋トレでもただ漫然と行っている人と、使う筋肉を意識して行っている人では効果の現れ方がまったく違ってきます。たとえば腕立て伏せやベンチプレスをする時にも、腕の力を使って体やダンベルを持ち上げるのではなく、大胸筋に負荷をかけることを常に意識しながら行うことが必要です。大胸筋は、普段の生活の中ではなかなか鍛えることが出来ないため、放っておくと年齢とともに衰える一方になってしまいます。ほんの少しでもバストに以前のようなハリがなくなっていることに気づいたら、それがトレーニングの始め時です。バストを支える大切な大胸筋を鍛える習慣をつけて、美しく豊かなバストを保ちましょう。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」(外部サイト)

Top